日本国憲法の中に「立憲主義」の文字はない

憲法についても、そろそろ、時間を作って思うことを書いていこうと思う。

安倍政権による「集団的自衛権の行使」についての「解釈改憲」について、野党や日弁連などが「立憲主義に反している」と批判しているが、日本国憲法の条文の中には「立憲主義」の文字はない。

最高法規であるはずの日本国憲法自体に書かれていない「立憲主義」なるものに反しても、これは憲法違反(違憲)にはならず、「立憲主義に反している」という批判は、日本国憲法を最高法規とする場合、批判としてまったく意味をなさない。

このような批判を平気でしてしまう人たちには、日本国憲法以外に、日本国憲法以上に尊重するテキストがあって、そこに「立憲主義」なるものが書かれているのだろうが、日本国憲法以外のテキストを日本国憲法以上に尊重することは、日本国憲法を最高法規ととして扱わないという意味において、日本国憲法に反している。

このような過ちを法律の専門家の集団である日弁連が平気でやってしまっているのだが、この団体に登録している弁護士たちはどうやら、日本国憲法自体を読む前に憲法学の権威が書いた司法試験受験用のテキストの方を先に読み、そこで、「日本国憲法はどのようなものであるか」という解釈を学んで暗記し、それに染まってしまっているようだ。

立憲主義を云々する弁護士に出会ったら、「日本国憲法のどこに立憲主義なるものが書かれていますか」と質問して、このサイトのURL( http://www.kenpou.jp )を送るといい。「立憲主義」という文字を探し始め、結局、見つからずに唖然とする者が少なくないはずだ。

僕は、集団的自衛権の行使については「反対」であるが、しかし、現行の日本国憲法自体から、安倍政権の解釈を基にしてこれから作られるだろう法が違憲であると証明し尽くせるとは、現時点では考えていない。司法による違憲審査では「違憲とまでは言えない」という判断が出される可能性が高いのではないだろうか。

単に僕が証明法を見つけることができていないだけかも知れないが、もし、証明が可能なのであれば、誰かにそれを示して欲しい。

もし、違憲であるとの証明が不可能なのであれば、「集団的自衛権の行使」を許したくない人たちは「護憲」などと言っていないで、集団的自衛権の行使を許さない旨を明示した憲法に改めることを考えるべきだろう。