「立憲主義に反する」という批判について

近代以降に作られた憲法の多くは、確かに「立憲主義」という発想を思想的背景の1つにして作られたものが多いが、「立憲主義に反する」という批判が行われるのは、たぶん日本だけではなかろうか。

他国で「憲法に反する」という批判が行われるのを耳目にしたことはあるが、「立憲主義に反する」という批判が行われた例を僕は知らない。あっても非常にレアなのではなかろうか。

憲法に条文が加えられたり修正されたりする際に「それは立憲主義から逸脱している」という批判があってもおかしくはないが、憲法を作っておきながら、「憲法に反する」という批判ではなく、憲法が作られる際の背景にある発想の1つである「立憲主義」を持ち出して、それに反しているという批判が日本では繰り返されている。これでは憲法を作った意味がないのではないか。

日本国憲法の中に「いかなる時でも立憲主義に従うべし」という条文が明記されているのであれば、立憲主義に従う必要があるだろうが、そのような文言は日本国憲法の中のどこにもない。

つまり、「立憲主義に反する」という批判は、日本国憲法に「この思想に従うべき」とは書かれていない思想に従うべきという考えのもとで行われており、これはその中に「最高法規」であると明記されている日本国憲法を蔑(ないがし)ろにしていることにはならないか。

ちなみに、「立憲主義に反する」という批判を最も多く繰り返しているのは「護憲派」と言われている人たちだ。彼らが最も尊重しているのは日本国憲法ではなく、実は立憲主義の方のようだ。

総理大臣が「憲法改正案を年内にまとめる」と発言することは、立憲主義には反しているのかも知れないが、日本国憲法の中には、そのような発言を禁じる条文は存在しない。よって安倍ちゃんの行為は憲法違反ではない。

憲法の条文を指し示しながら「これに反している」といった批判を行うのでなければ、安倍ちゃんのような相手には通用しないだろう。憲法の条文を指し示しながら「これに反している」と言って政治権力の恣意的な行動を制止するという考え方が立憲主義だったはずだが、「立憲主義に反している」と言って批判するのは立憲主義ではないのである。

こういう過ちを憲法学者の多くが平気で犯しているのが、この日本である。「立憲主義に反している」という批判を繰り返す人たちは実は立憲主義を理解していないと考えて間違いないだろう。

以上、Facebookからの転載

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBedman.jp/内野晴仁をフォローしよう!