ブログ「bedman.jp」を始めます

私は、時々「ベッドマン」を名乗ることがあります。
デスクワーク中に椅子に座りながら居眠りをすると、身体がバキバキになって体調が悪くなるので、睡魔に襲われてもその場ですぐ横になれるよう、3年ほど前に、フカフカし過ぎない少し固めで、以前使っていた椅子と同じ高さのベッドを「デスクチェア兼ベッド」として導入。

デスクの前にこのベッドを置いた日以来、自宅にいる時のほとんどの時間をこの上で過ごすようになりました。居眠りしても身体に負担をかけることがないために健康状態もずいぶん改善。仕事の生産性も向上しました。ベッドの周りには様々な視聴覚機器や情報端末の類いも配置され、この上なく快適な環境が出来上がってしまいました。

ちょうど、その頃、世の中では「組織に属さず、仕事の場所を定めずにカフェなどで作業や打ち合わせをする、フリーランス契約で働く個人事業主」を指して「ノマド」と呼ぶことが流行り始め、自分が個人事業主であることを告げると「今、流行りのノマドですか?」と聞かれることが増えたのですが、ノマドであると見なされるのが嫌だったので、「いいえ、ベッドマンです」と答えることにしました。

これが「ベッドマン(bedman)」誕生のいきさつです。

実際、仕事の場所はベッドの上と明確に定まっている定住民なので、「場を定めない人たち」というニュアンスの意味を持つノマドという言葉は私には似合いません。どう考えても私には「ベッドマン」という言葉がふさわしい。

このブログは、ベッドマンとしてベッドの上で考えた「よしなしごとを、徒然なるままにそこはかとなく書きつくる」ためのものです。当然、執筆する場所もベッドの上。

ここでは、考えがまとまっていないようなことやプライベートなことなども書くつもりですので、もしかしたら私が執筆するブログの中で最も面白い読み物になるかも知れません。暇すぎて他にすることがないような時にでも、お読みいただければ幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBedman.jp/内野晴仁をフォローしよう!